秋田駅前 西口にある We(ウイ)ロード・クリニック

お問い合わせ
TEL 018-837-0070
FAX 018-837-0107

更新履歴・臨時休診のお知らせ

2019/10/09更新
今年の10/22(火)は「即位礼正殿の儀」が行われる祝日となるため、休診とさせていただきます。

2019/09/07更新
10/13(日)・10/14(月)の2日間は休診とさせていただきます

夜によく眠れない、最近何をしてもだるい…などありませんか

ウイロード・クリニックはパニック障害、うつ病(気分障害を含む)、神経症、 思春期の不登校、家庭内の問題、不眠症、過眠症、 職業不適応、人間関係の悩み、慢性過労症候群、高齢者の認知障害、意識障害、 社会不安障害、職場の問題、医療相談をしております。 アルコールを含めた、各種の依存症や行動障害、 古典的な意味での精神障害を含めた適応障害なども対象としております。
(主として社会人、学生、主婦、高齢の方が対象です)

土日も診療しており、予約不要です。
初診の方でも電話による予約は要りません。いつでも受診できます。

原則として院内処方をしておりますので、お帰りの際に薬局に行く必要はありません。

取り扱う医薬品は漢方薬やジェネリック薬品の種類も豊富に取り揃えております。

カウンセリングを重視し、ご相談の内容にもとづいた治療を提供しております。

クリニックについて

診療科目:精神科・心療内科・神経内科

休診日:木曜日・祝祭日 (土日も診療しております)

診療日・診療時間
冬季(11〜3月)の診療時間は全て17:00までとなります

 
9:00〜12:00 13:30
から開始
13:30〜17:30 17:00
まで診療
17:00
まで診療
ごあいさつ

ごあいさつ

出身大学での初期研修を終了した後、各地の総合病院の精神科での診療経験を得てから、平成5年10月1日に現在の場所に開業しました。以来、現在の場所で今日まで診療を続けております。

当クリニックの治療は原則として医師との相互の話し合いによって行われます。
身体的に現れる痛みや不快感、不具合などそして精神的不調そのものが、精神的・心理的な問題から発生する背景や状況について話し合います。

この話し合いは問題の性質や周囲の環境によって解決までにかなりの時間を要する場合もありますが、場合によってはかなりの短期間に面接・対話などのみによって問題が解明される場合もあります。

時として症状や精神的な支えとして抗不安剤や抗うつ剤が必要になる場合もあります。
薬剤は少ない方が好ましいのは当然ですが、場合によります。
その問題では十分に話し合いたいと考えます。
薬剤は「納得して」初めて「効く」ものなのです。


一般に「心の悩みは難しい」とよく云われますが、人間の精神活動や精神現象を話題として扱うと云う事は、本来は日常生活や会話の中で自然に行われているものなのです。
にもかかわらず、何か形として捉えにくい対象として精神活動が見なされるのは、物事は常に何かの形をとらないと人間は把握しづらいからなのです。

把握しづらい心の中の出来事を皆様にも捉えていただけるようにお手伝いをする。そのために我々精神科医がおります。
比喩や実例などのわかりやすい対象を使って、見えない対象の形を明確にしていき、今までとらわれ続けてきた固定観念に対する発想様式の点検・再建を手助けすることが主な役割になります。

一言で言うと、問題解決に向けて「発想の転換を促す」お手伝いなわけですから、比較的に簡潔な話し合いの中から解決の糸口が見えてくることもあります。

心の問題とは、決して特殊な分野にあるわけではなく、基本的には、痛みが取れた時、熱が下がった時の快適な感情などの、人間の身体が本来そうであった通常の自然な状態(いわゆる健全な状態)に戻るために医療が必要とされる場合があるのと同じように、カウンセリングや薬剤等の医療的なアプローチが必要とされることがあるのだと考えるとよろしいかと思います。


我が国は思想・信条・宗教などには表面的に言論的な統制はありません。
しかし、戦前の「大家族制」の崩壊から孤立した各人の集団に別れ、一見自由な「個人」となった今は、今度は何らかの集団に所属していないと極めて不安定であり、人間関係のトレーニング不足や孤独への不慣れさから、感情表現を含めて様々な意味での表現の統制の許にあります。

不況や終身雇用制の崩壊によって形成された能率重視の資本主義による経済的圧迫もまた、皆様をストレス社会と云わしめる状態へ追い込んでおります。

これらの一連の問題は精神疾患と云うよりは「現代社会病」とも云え、古典的な意味での精神障害と云うような一方的な見方では解釈できません。 また秋田は北欧と似ており、北方と云う風土・気象条件(例えば日照時間の短さ)などから、うつ病や自殺が多いのが特徴です。
しかし、精神科疾患の発生率は民族・地方による差はないので、県民性のみを重視する考え方は一方的であり、また表面的でもあります。

そのために精神科医には病気や薬剤についての知識は当然としても、さらに比較文化的な考察力、推論、判断能力が重要視されてくると考えております。
そのような観点に立って、私は現在まで研鑽・習練を続けてまいりました。

皆様の観点に立ち、かつ皆様を取り巻く複雑きわまりない周囲の状態を明確にしていくにあたり、この経験の積み重ねがストレス社会で懸命に生きる皆様への手助けになれば幸いでございます。


ウイロード・クリニック
医師 玉川純雄

プロフィール


北海道 十勝地方出身
弘前大学 医学部 卒

現・精神保健指定医
元・秋田大学 医学部 非常勤講師
元・秋田いのちの電話 初代理事
元・秋田精神医療懇話会 監事
元・秋田市医師会 医療と健康の相談電話 電話相談員
(AKTテレビ「暮らしの健康」、ABSラジオ「みんなの健康」を約5年間担当しました)

よくあるご質問

Q:予約制ですか

A:ご予約は不要です。お気軽においで下さい

Q:何を持って行けばいいですか

A:問診票や紹介状など特に必要な物はございません。 保険証をお持ちの方は保険証をご持参ください

Q:土日も診療してますか

A:土日も診療しております

Q:院外処方ですか

A:原則的に院内処方を行っており、診察後すぐにお薬をお渡しできるようになっております。 処方の内容によっては処方箋を発行しての院外処方となる場合もございます。 また、院外処方をご希望の方も処方箋を発行しますので、診察時にお申し出下さい

Q:家族や身近な人のことで悩んでいるのですが、必ず本人を連れて行かないとだめですか

A:初診から無理に連れ出す必要はございません。まず来ていただける方との相談から始めることも可能です。強引さは不安と不信を生みます

Q:往診してもらえますか

A:往診は行っておりません

Q:駐車場はありますか

A:お車でいらっしゃる方は、公営駐車場か駅東駐車場をお使いいただくと若干のサービスがございます

Q:入院できますか

A:入院設備はございません。入院が必要とされる場合は紹介状を作成いたします

お問い合わせ・アクセス

TEL 018-837-0070

FAX 018-837-0107

《所在地》
〒010-0874
秋田県秋田市千秋久保田町3-15 三宅ビル3F
(JR秋田駅西口 徒歩3分)
駅前のオーパ(旧フォーラス)・アルスの並びです。
駅周辺で「三宅(みやけ)ビル」と尋ねれば必ず分かります。
お車でいらっしゃる方は、公営駐車場か駅東駐車場をお使いいただくと若干のサービスがございます。





PAGE TOP